inoup’s blog

自分の価値観や考えのアップデートを書いて行きます。

とても悩んでいます。(読者向けではないかもです。)

こんばんは。急に言われても知ったこっちゃないと思いますが、今悩みまくってます。何で悩んでいるかというと、僕の春休みに予定していたアフリカ渡航です。本来、アイセック(いつも出てきて知らない人には申し訳ないです、そのうち説明します)のインターンシップを利用しようと考えていました。しかし、現在それが不可能となってしまいました。そして原点に立ち返った今、これからどうしようかという悩みを文言化しようと思います。(まとまってないですが、ご了承ください。)

僕に残されたメインとなる選択肢は二つ。一つは今まで予定していた場所ではない地域にアイセックのインターンシップ渡航することです。二つめは自分のロールモデルのような起業家(ウガンダにあるスタートアップ)の下でインターンをさせてもらうことです。

 

1.  アイセックで飛ぶ。

 まず、なんで僕はアイセックで飛ぼうとしていたのかを考え直しました。一番の理由は僕がアイセックに属していたから。まあ情報も入ってくるし楽ですよね。でも今回それを考え直す機会を与えられました。僕はなぜアイセックで飛ぶのか。アイセックのメリットはなんなのか。

 僕は今回のアフリカ渡航を親に説得するとき、安全性に関して「先輩が行ったことあるし、大丈夫だと言っていた」ということを言いました。今思い返したら、自分の命に責任持ててないですよね。本当に危険な状態で行くところでした。よかった。

 俺がアイセックで行くメリット
 自分一人で戦える。世界の同世代と一緒に協力できる。子どもと遊んだりできて楽しい。現地の人と仲良くなれる。帰ってきてからもリーダーをさせてもらえる。人を巻き込む経験。人の成長を自分が提供できる経験。人に重きを置いてるところがワクワクする。

 俺がアイセックで行くデメリット

 数ヶ月先が見えている。たくさんの人が行ったことある。

僕はこれまで何かの決断に立った時、価値判断の基準とするものはワクワクするかどうか。今回の選択肢は両方ワクワクするけど、そのワクワクも俺は未知のワクワクの方が好きだ。誰もやったことがなかったり、レールがない未知の方が。それがアントレプレナー思考であるし、起業家たるものに必要な考え方だと思っている。

俺はもっと尖たいし、誰もやったことのないことにチャレンジし続けたい。

もう次の選択肢も書く必要がなくなったかもしれません。僕は決断できたかもしれません。

 

追記:この記事を読んだ方から、

『どんな機会だろうが成長角度なんてそう変わらないと思う、みんな違ってみんないい 。そんな時に大事なのは、どの機会に望むかってよりかはどんなマインドで望むかだと思ってる』

というメッセージをいだいた。本当にそうだと思う。ありがとう。僕もどちらにせよ、価値を最大化できるかどうかは自分次第なので、全力で取り組む。ただ、今悩むことは大事だと考えているので、もっと悩んでもっと成長する。タイムラインが迫っているので、どちらの選択肢も残しつつ、進めていく。