inoup’s blog

自分の価値観や考えのアップデートを書いて行きます。

インターン4週目〜早すぎる。毎日、毎週が一瞬。

こんばんは。今週末は出かけるので、早めの投稿です。

このリサーチのプロジェクトもあと3週間〜

 

いつものように、1日1日を書いた後に今週は僕がここでインターンをするモチベーションについてまとめて見ます。

 

月曜火曜

月曜にMukono, Jinjaのソースリサーチに行った。そこで、ウガンダ人のビジネスパートナー(エマ)とコミュニケーションがうまく取れず、関係がギクシャクした。

全体像は把握していないし、現地語はおろか英語もまともに話せない日本人の僕がどう彼と接すればいいのか。

わからなかった。

向こうからしたら、かなり邪魔だと思う。

それに加えて、僕が彼の仕事の怠惰を気づいたのに、その場で報告しなかったため、伊藤さんのお怒りをかった。(これはきつかった。これまでの経験から報告できない環境に陥っていた。ただこれをownershipの欠如と言われれば、本当にそれでしかない。)

そして火曜日、三人でミーティングして、自分たちで本音を話し合った(ほとんどエマが話していた)。

僕はまずビジネスの人間関係がこれほど難しいのかとわかった。さらに、ウガンダ人で年もかなり上だから、コミュニケーションがすこぶる難しい。

水木

一人でソースリサーチをした。

目的を見ずにエクセル作業をこなしていることを指摘していただいた。(もう何回も言われている。。)

そして、個人面談をした。(以下に書いているモチベーションを指摘していただいた。)

 

まとめ

4週目にして気づいたのが、1日1日やったことをつらつら書いても楽しくないです。

だから、読んでいても楽しくないのかなあ、と思いました。(フィードバックください。)

だから、形式を変えてみようかと思います。

これからは自分の思考の整理を内容にしてみたいと思います。

以下は、自分がこのインターンに対するモチベーションについて悩んで、それなりに見つけた答えとそれを成し遂げる方法です。

 

実際、僕は今途上国で起業したいと強く思う動機はありません。(ただ、起業したいという思いだけは残ってます。)

今、こんな状態なので、もうウガンダいる意味なくない?みたいなことを起業家に言われました。その場で反論できず、その場で思考停止しながら座っている自分を恥じました。そのまま仕事を続けるわけにはいかないので、じっくり考えて、モチベーションを見つけることができたので、ここに記します。

どこでビジネスをするにしても、まず市場調査(リサーチ)をするということは大前提になります。そこでしっかりとしたビジネスプランを立て、可能性は低くとも少ない勝率を信じて投資する、それが起業のおもしろいところなはずです。

だから、今僕がやってるリサーチの手法を学ぶことは自分のビジネスを成功させる上で必要不可欠です。しかも、その分析対象に当たる市場がアフリカのウガンダということで途上国特有の難しさを経験することができると思っています。

 

では具体的に、残り3週間でどんなことをすれば、リサーチの手法を学ぶことができるのか。

それは全体像を把握すること。

そのためには、二つ。

一つは今任せてもらっている情報の整理やまとめの作業を通して、バラバラ情報の中に関係性を見出して、自分なりのfindingを見つけ、自分なりのストーリーを考えてみること。

もう一つは自分が担っていなかった部分を経験すること。それを経験させてもらうには、自分がどこまでわかっていて何がわかっていないから、この部分は補ってもらいたい、ということを説明できることが大事。そのために、まとめるという作業は持ってこい。

 

だんだんやるべきこと、見えて来ました!残り3週間、全体像を掴み、自分が主体となっても、高いqualityのリサーチができるようになるという目標を持って頑張ります!